住む者のいない住宅|不動産でも口コミを活用して安心な新生活を送ろう!
ウーマン

不動産でも口コミを活用して安心な新生活を送ろう!

住む者のいない住宅

男の人

隣近所に迷惑をかけない

相続した実家など住む者のいない住宅を空き家として放置しておくと様々な問題が発生する恐れがあります。例えば、空き家の場合には、放火による火事が発生したり、地震や台風といった自然災害によって倒壊の危険性があったり、不審者の侵入や落書きなどの景観の悪化などが懸念されます。そのため、このようなトラブルを回避することが持ち主としての責任と言えます。ただ、実家が離れたところにある場合には、定期的に実家の様子を見に行くこともできませんから、どのように管理するかはよく考えなければなりません。最終的には、空き家のままで放置せずに売却したり賃貸したりすることが必要ですが、いずれにしても手間がかかりますので、まずはきちんとした管理をすることが大切です。

第三者に依頼する

最近では、空き家を所有しているけど、その管理をすることが難しいという人が増えています。NPO法人などでそのような空き家を管理してくれるところもあります。例えば、月々100円程度で見回りをしてくれるサービスもあります。何か不審な点があれば連絡してもらえるため、不審者の侵入の可能性があったり、近所に迷惑がかかるような状況になっていれば教えてもらえますので、現地に行って対応することができます。また、巡回サービスだけでなく、通気・換気や雨漏りなどの建物点検まで行ってもらえるところもありますので、状況に応じて空き家の管理を第三者に委託することも検討することが大切です。空き家を放置することなく、所有者としての責任を果たすことが大切です。